英霊にこたえる会ニュース

最初 最初 前頁 前頁 次頁 次頁
 
平成31年 春季例大祭における国会議員のi國神社参拝状況

2019. 06. 10
1.『みんなでi國神社に参拝する国会議員の会』 (会長 尾辻秀久元参議院副議長)
(1)参拝日 平成31年4月23日
(2)参拝者(名)

区分 本人参拝 代理参拝 小計
衆議院議員 48 50 98
参議院議員 23 24 48
合計 71 74 145

2.別途参拝(本人)
(1)参拝日 平成31年4月22日
(2)参拝者
   衆議院議員1名

  

ページ上部へ ▲

 
英霊にこたえる会第四十五回総会を開催

2019. 5. 7

 4月23日(月)午前10時からの運営委員会に引き続き、第45回総会をホテルグランドヒル市ヶ谷3階の瑠璃東・中の間で開催、ご来賓はじめ地方本部・中央参加団体の代表及び会長表彰者等百余名が参集した。
 総会は、午後一時に開会、国歌斉唱、黙祷、寺島泰三会長の挨拶に引き続き、(公財)偕行社理事長の森 勉様から来賓祝辞をいただいた後、表彰式を実施した。
 平成31年度表彰は、一団体、個人六十四名に対し賞状と記念品を贈呈し、英霊にこたえる会大分県本部の岩男立夫県遺族会会長が謝辞を述べた。
 次いで、本会運営副委員長で(公財)偕行社理事の熊谷猛氏を議長に選出して議事に入り、「地方本部会長の交代」、「国民運動支部助成費及び支部組織強化助成費の見直し」及び「平成30年度事業等の実施」について報告後、「平成30年度決算」、「本会役員の改選(一部)」及び「平成31年・令和元年度活動方針、事業計画及び同予算(案)」について、議案の審議が行われ、原案どおり承認された。
 引き続き、本会副会長の櫻井よしこ氏による講演「今、わしたちができることはなにか 変わるのは今しかない」を印象深く拝聴した。







  

ページ上部へ ▲

 
「第35回i國神社の桜の下で『同期の桜』を歌う会」を開催

2019. 4. 10

 4月6日(土)、本会ならびに協賛団体はi國神社境内の大村益次郎銅像前特設ステージで「第35回i國神社の桜の下で『同期の桜』を歌う会」を開催した。
 今年は、i國神社の標準木の開花宣言は3月21日と例年に比し早く、その後の気候が案じられたが、幸いに春冷えの状態が継続したので葉桜にはならず、当日は桜花満開の下で実施することが出来た。
 先ず主催者を代表し大原康男会長が挨拶、その後村田信昌i國神社権宮司の献杯で始まり、女性コーラス10名による「i國神社の歌」を皮切りに合唱を開始、「空の勇士」、「太平洋行進曲」「兵隊さんよありがとう」を披露した後、二期会会員ソプラノ歌手 森 敬恵(本会 運営委員)さんが「戦友の遺骨を抱いて」「討匪行」を披露し満場を沸かした。
 続いて恒例の「皆様とご一緒に」の部に入り、「あゝモンテンルパの夜は更けて」「九段の母」「出征兵士を送る歌」「ラバウル海軍航空隊」「暁に祈る」「元寇」「異国の丘」を全員で合唱、その後参加者からの要望曲を受け付け予定時間一杯歌い続け、「同期の桜」を参加者全員で熱唱した。平成の御代における最後のこの歌う会は好天のもと約1,500人余の参加者が集い元気な歌声がi國神社の杜にこだまし、246万6,000余柱の英霊の御心を偲び感謝の誠を捧げ、明年は令和の御代最初の歌う会、本境内での再会を期待し幕を閉じた。








  

ページ上部へ ▲